ブラックアンドデッカー ワークメイト WM225 ワークベンチ 作業台 マルチエボ ヘッドアタッチメント 18V サンダー ESH183【セット買い】

ブラックアンドデッカー ワークメイト WM225 ワークベンチ 作業台 マルチエボ ヘッドアタッチメント 18V サンダー ESH183【セット買い】:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 各種 Black amp; Decker 製品のPVですが、作業台を使うシーンでは本品が使われているようです。どんな作業で使えるか、参考になるかもしれません。https://www.youtube.com/watch?v=v2iZ7WKrHZM同じく Black amp; Decker のマルチエボと同時購入(レビュー: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EYROBOUY27YP/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8amp;ASIN=B00SIMFDRC )。マルチエボ用としてなら一通りこなせる感じですが、作業台としては「よくできた代替品」の域を超えるものではないでしょう。例えばこの上で3×6コンパネを切断しようとは思いませんし。十分な作業スペースを確保できるお宅であれば、しっかりした作業台がいちばんです。購入時、他社製品と比較したわけではありませんが、あらためて見てみると、Amazonで購入できる同種の商品のうち、足をかけられるステップがあるのは本品だけなんでしょうかね。足で押さえて安定させられるので、これがあるとないでは、作業内容によっては作業性が大きく違います(例えば、この上で鉋をかけるには、やっぱり軽いので)。天板を受けるステーと天板上面の高低差がちょうどツーバイ材の厚み(38mm)相当なので、バイスで挟んで切断する際、切り始めから切り終わるまでベースを天板上でスライドさせられるため、丸のこが安定かつスムーズに動きます。ただ、マルチエボの丸のこはワンバイ材の厚み(19mm)にしか対応できないので、バイスを使う場合は材を2枚重ねていますが、こうするとステー間の距離よりも短い材であっても落っこちない。例えば10cm長の材を安定的にバイスに挟んで切断することができ、助かってます。ワンバイ材をタテに切断するにも、バイスで挟んで安定的に作業できます(マルチエボでは、下に敷く材の表面も薄く削ってしまいますが。また、バイスを強く締めると、途中で丸のこが切断した材に挟まれて動かなくなるので要注意)。ペグは嵌める位置が限定されているので。。。材の固定にはクランプを多用してます。天板に自分でペグ穴を開けてもいいんですが、天板の強度が低下する可能性を考えると避けたいところ。クランプが邪魔で諦める作業もあるので、ペグ用に本品に載せられる、もっと自由度の高い作業板を自作しようかと考え中。砥石台としても使っています。天板受けのステー間に1×4材を渡して、畳んだタオルを2枚の天板にかかるように被せ、天板間スペースのタオル部分に砥石を置いてバイスを締める(砥石はタオルで挟まれるかたち)。天板の空いたスペースに水を張ったバットを置く(次に使う砥石入り)。砥ぎ作業くらいではびくともしないし、椅子に腰かけてしゃこしゃこやるのにちょうどいい高さで、使いやすいです。新着,公式ストア,定番スタイルブラックアンドデッカー ワークメイト WM225 ワークベンチ 作業台 マルチエボ ヘッドアタッチメント 18V サンダー ESH183【セット買い】