ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]

ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]

1006円

ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]

ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。  世界的な名声は得たものの、リュウマチと老いのために絵筆をもつことさえままならなかった晩年のルノワール。時代は第一次世界大戦さなかの1915年。糟糠の妻アリーヌは他界し、長年にわたってモデルをつとめた家族同然のガブリエルもすでにいない。そこへモデルとして新たに登場したのが愛称デデ、のちのカトリーヌ・エスラン(1900‐79)である。映画女優を目指す彼女によって老いたるルノワールの創作意欲は最後の輝きを見せ、重傷を負って帰省した次男ジャンもまた彼女の妖しい魅力のとりこになっていく。 画家のひ孫ジャック・ルノワールが書いた伝記を原作とするこの作品は、世界の悲惨には背を向けて美のみをひたすら追求する老ルノワールと、戦火に苦しむ人間たちへの共感にどこまでも忠実な将来の大監督ジャンとの葛藤と理解の物語として読めるし、それがまた同時にこれら二人の男たちとデデとの愛の物語でもあるという仕掛けだ。この三人、とりわけ父子の心の動きがじつに繊細に描かれている。画家ルノワールと映画監督ルノワールについて、それからまたデデこと女優カトリーヌ・エスランについてある程度の知識があると、いっそう味わい深く鑑賞できるだろう。それにしてもミシェル・ブーケもいい感じに老いたなあ。これがまたルノワールにそっくりなのが面白い。 とにかく映像が尋常でなく美しい。南仏のきらめく陽光と匂いたつ緑、吹き渡ってゆく風の感触が画面のこちら側にそのまま伝わってくるような圧倒的な臨場感である。撮影は名匠リー・ピンビン。動かぬ手に縛り付けた絵筆がまるで別の生き物であるかのごとく自在にカンバスの上を這いまわり、みるみる色彩のカーニバルが現出するさまはじつに見ごたえがある。ブルーレイの解像力に感謝したい。 特典は日本版劇場予告のみ。しかしルノワールのカラー図版2点を含む上質光沢紙の解説パンフが封入されていて、これが思わぬ儲けものであった。ポーラ美術館学芸員の島本英明という人が執筆しているのだが、晩年のルノワールの画業とその芸術性を論じて間然するところがない。しかも読みやすい。デデ=カトリーヌ・エスランをモデルとする作品(たとえばあの『浴女たち』)にも触れられていて、私としてはこの「特典」に大満足である。ルノワール、という名を耳にして何か感ずるところのある人なら是非ご覧になることをおすすめする。salenew大人気!,感謝価格,大規模セールルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]

ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]

ルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。  世界的な名声は得たものの、リュウマチと老いのために絵筆をもつことさえままならなかった晩年のルノワール。時代は第一次世界大戦さなかの1915年。糟糠の妻アリーヌは他界し、長年にわたってモデルをつとめた家族同然のガブリエルもすでにいない。そこへモデルとして新たに登場したのが愛称デデ、のちのカトリーヌ・エスラン(1900‐79)である。映画女優を目指す彼女によって老いたるルノワールの創作意欲は最後の輝きを見せ、重傷を負って帰省した次男ジャンもまた彼女の妖しい魅力のとりこになっていく。 画家のひ孫ジャック・ルノワールが書いた伝記を原作とするこの作品は、世界の悲惨には背を向けて美のみをひたすら追求する老ルノワールと、戦火に苦しむ人間たちへの共感にどこまでも忠実な将来の大監督ジャンとの葛藤と理解の物語として読めるし、それがまた同時にこれら二人の男たちとデデとの愛の物語でもあるという仕掛けだ。この三人、とりわけ父子の心の動きがじつに繊細に描かれている。画家ルノワールと映画監督ルノワールについて、それからまたデデこと女優カトリーヌ・エスランについてある程度の知識があると、いっそう味わい深く鑑賞できるだろう。それにしてもミシェル・ブーケもいい感じに老いたなあ。これがまたルノワールにそっくりなのが面白い。 とにかく映像が尋常でなく美しい。南仏のきらめく陽光と匂いたつ緑、吹き渡ってゆく風の感触が画面のこちら側にそのまま伝わってくるような圧倒的な臨場感である。撮影は名匠リー・ピンビン。動かぬ手に縛り付けた絵筆がまるで別の生き物であるかのごとく自在にカンバスの上を這いまわり、みるみる色彩のカーニバルが現出するさまはじつに見ごたえがある。ブルーレイの解像力に感謝したい。 特典は日本版劇場予告のみ。しかしルノワールのカラー図版2点を含む上質光沢紙の解説パンフが封入されていて、これが思わぬ儲けものであった。ポーラ美術館学芸員の島本英明という人が執筆しているのだが、晩年のルノワールの画業とその芸術性を論じて間然するところがない。しかも読みやすい。デデ=カトリーヌ・エスランをモデルとする作品(たとえばあの『浴女たち』)にも触れられていて、私としてはこの「特典」に大満足である。ルノワール、という名を耳にして何か感ずるところのある人なら是非ご覧になることをおすすめする。salenew大人気!,感謝価格,大規模セールルノワール 陽だまりの裸婦 [Blu-ray]