OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

2681円

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 The item works great, we used them to hang heavy mirrors in each of our bathrooms. They were easy to install and do exactly what we need them to do.オープニング 大放出セール,高品質,お気に入りOOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

ヴィヴァルディは、まだ続きます。
ヴィヴァルディその3に続いて書いて参ります。

メルケル氏の辞任スピーチ英語版です。

Fellow citizens,

The coronavirus is changing daily life in our country dramatically at the present. Our idea of normality, of public life, social togetherness - all of this is being put to the test as never before.

Millions of you cannot go to work, your children cannot go to school or kindergarten, theatres and cinemas and shops are closed, and, perhaps what is most difficult, we all miss social encounters that we otherwise take for granted. Of course, each of us has many questions and concerns in a situation like this, about the days ahead.

I’m addressing you in this unconventional way today because I want to tell you what guides me as Federal Chancellor and all my colleagues in the Federal Government in this situation. This is part of what open democracy is about: that we make political decisions transparent and explain them. That we justify and communicate our actions as best we can, so that people are able to understand them.

I firmly believe that we will pass this test if all citizens genuinely see this as THEIR task.

Allow me therefore to say that this is serious. Please also take this seriously. Since German reunification, no, since the Second World War, there has not been a challenge for our country in which action in a spirit of solidarity on our part was so important.

I would like explain where we currently stand in this epidemic and what the Federal Government and the state levels are doing to protect everyone in our community and to limit the economic, social and cultural fallout. However, I also want to tell you why all of you are needed here, and what each and every individual can do to help.

As far as the epidemic is concerned – and everything I tell you about this comes from the Federal Government’s ongoing consultations with the experts from the Robert Koch Institute and other scientists and virologists: the most intensive research is being conducted around the world, but there is still neither a way to treat the coronavirus, nor is there a vaccine.

As long as this is the case – and this is what is guiding all of our actions – then only one thing matters, namely that we slow the spread of the virus, flatten the curve over the course of several months and buy time. Time in which the research community can develop a medicine and vaccine. But, above all, time to allow those who fall ill to receive the best possible treatment.

Germany has an excellent healthcare system, perhaps one of the best in the world. We can take solace in this. But our hospitals would also be completely overwhelmed if, in the shortest space of time, too many patients were admitted, suffering severe symptoms as a result of the virus.

These are not just abstract numbers in statistics, but this is about a father or grandfather, a mother or grandmother, a partner – this is about people. And we are a community in which each life and each person counts.

I would like first of all to address all those who as doctors, nurses or in a different capacity work in our hospitals and in our healthcare system in general. You are on the front lines of this fight for us. You are the first to see the sick and to see how severe the symptoms of the virus can sometimes be. And, day in, day out, you keep going back to work and are there to help people. You are doing tremendous work, and I would like to thank you from the bottom of my heart.

So, our aim is to slow the virus down as it makes its way through Germany. And we must, and this is absolutely vital, focus our attention on one thing above all else, namely powering down public life as far as possible. With reason and a sense of proportion, of course, since the state will continue to function. It goes without saying that supply chains will continue to be guaranteed, and we want to keep as much economic activity going as possible.

But we must now reduce everything that could put people at risk, everything that could harm not only individuals, but also the community. We must limit the risk of one person infecting another as much as we possibly can.

I know how dramatic the restrictions already are: no events, no trade fairs, no concerts any more, and, for the time being, also no school, no university, no kindergarten, no more playing at the playground. I know how invasive the closures that the Federation and the Länder have agreed to are in our lives, and also in terms of how we see ourselves as a democracy. These are restrictions, the likes of which the Federal Republic has never seen before.

Allow me to assure you that, for someone like me, for whom the freedom of travel and the freedom of movement were a hard-fought right, such restrictions can only be justified if they are absolutely imperative. These should never be put in place lightly in a democracy and should only be temporary. - But they are vital at the moment in order to save lives.

This is why, since the beginning of the week, more intensive border controls and restrictions on entry for a number of our most important neighbouring countries have been in force.

Things are already very difficult for the economy, for major companies, and also for small businesses, for shops, restaurants and freelancers. Things will get even more difficult in the weeks to come.

I assure you that the Federal Government is doing everything that it can to cushion the economic impact - and, above all, to safeguard jobs.

We can and we will do whatever it takes in order to help our companies and their employees get through this most difficult time.

And everyone can rest assured that the food supply is guaranteed at all times, and that if supermarket shelves happen to be empty on one day, they will be filled again on the next. I want to tell everyone going to the supermarket that bulk-buying makes sense; it always has. But only within reason. Panic buying, as if there’s no tomorrow, is pointless and, at the end of the day, shows a complete lack of solidarity.

And allow me to express my thanks to those who are too seldom thanked. Those working as supermarket cashiers or restocking shelves, who are currently doing one of the most difficult jobs that there are at the moment. Thank you for being there for your fellow citizens and for keeping us all going.

Let me talk now about what I believe is most urgent today. All measures taken by the state would come to nothing if we were to fail to use the most effective means for preventing the virus from spreading too rapidly – and that is we ourselves. As indiscriminately as each one of us can be affected by the virus, each and every one of us must help. First and foremost, by taking seriously what matters today. Not panicking, but also not thinking for a single moment that he or she doesn’t matter after all. No one is expendable. Everyone counts, and we need a collective effort.

That is the message an epidemic brings home – how vulnerable we all are, how much we depend on the considerate behaviour of others and, ultimately, how, through joint action, we can protect ourselves and offer one another encouragement and support.

Every individual counts. We are not condemned to accept the spread of this virus as an inevitable fact of life. We have the means to fight it. We must be considerate and keep a safe distance from one another. Virologists are giving us clear advice: no more handshakes, we must wash our hands thoroughly and often, and we must keep at least one and a half metre’s distance between ourselves and others. Ideally, we should avoid all contact with the elderly, because they are particularly at risk.

I know that this is asking a great deal of us. Especially when times are hard, we want to be close to one another. We show affection by staying close, and by reaching out to each other. But at this time, we must do the exact opposite. Every single one of us must understand that, right now, the only way to show we care is by keeping our distance.

A well-meant visit or a trip that is not essential can spread infection and really should not take place right now. There is a reason why experts say that grandparents and grandchildren should not come into contact with each other right now.

Everyone who avoids unnecessary encounters helps all those who are in hospitals providing care to more and more people each day. So that is how we will save lives. This will be difficult for many, and it will also be important not to abandon anyone and to take care of all those who need a dose of cheer and encouragement. As families, and as a society, we will find other ways to help each other.

Even now, we have come up with many creative ideas for standing up to this virus and its impact on society. Even now, grandchildren are recording podcasts for their grandparents, letting them know they are not alone.

We all must discover how we can show affection and express friendship. We are staying in touch via Skype, phone, email, and maybe also by writing old-fashioned letters. The post, after all, is being delivered. We’re hearing about beautiful examples of neighbours helping one another. People are assisting the elderly who cannot themselves go shopping. I am certain there’s plenty more we can do. We will prove, as a community, that we will not abandon one another.

I therefore urge you to abide by the rules that will remain in place for the time being. The government will constantly reassess what measures can be adjusted and also what further measures may still be necessary.

This is a developing situation, and we will ensure that we continue to learn from it so that we can adjust our thinking and deploy new instruments at any time. If we do so, then we will explain our reasons once again.

Therefore, I call on you to not believe any rumours, but rather only the official messages that we will always translate into many languages.

We are a democracy. We thrive not because we are forced to do something, but because we share knowledge and encourage active participation. This is a historic task, and it can only be mastered if we face it together.

I have absolutely no doubt that we will overcome this crisis. But how many victims will it claim? How many loved ones will we lose? The answer, to a great extent, lies in our hands. Right now, we can take decisive action all together. We can accept these current limitations and support one another.

The situation is serious, and the outcome uncertain.

Our success will also largely depend on how disciplined each and every one of us is in following the rules.

Even though this is something we have never experienced before, we must show that we can act warm-heartedly and rationally – and thereby save lives. It is up to each and every one of us to do so, without any exception.

Take good care of yourself and your loved ones.

Thank you.


動画はこちらです。
Die Ansprache der Kanzlerin auf Englisch

ごめんなさいね、間違えました。
このスピーチはコロナ下での伝説スピーチです。

こちらが辞任スピーチ及び最後の国会模様です。
Merkel gives final parliamentary address to the German Bundestag |

ヴィヴァルディ その3

1678年生まれのアントニオ・ヴィヴァルディは、
父親が理髪師兼ヴァイオリニストで、
幼少時には父さまからヴァイオリンを習いました。
おそらく、ジョヴァンニ・レグレンツィ(サン・マルコの楽長)
にも教授したでしょう。
殊のほか、ヴァイオリンが上手だった息子は、
しかし病気がちでした。(おそらく喘息を患っていました)
そこで両親は、「聖職者にしよう、それなら経済的な心配もないし」
と、教会に預けたのが、トンスラの歳の15歳。
トンスーラというのは、頭の脇の毛を残して真ん中をハゲにする、
真ん中を剃ってしまう髪型です。
丁度、日本の男の子の元服の歳に当たります。
元服というのは奈良時代に始まった支那伝来の習わしで、
髪を結い、衣服を改め、冠や烏帽子を着用しました。
江戸時代に入ると、ご存知の丁髷(ちょんまげ)頭。脇を残して
月代(さかやき)と言われる真ん中を剃ってしまう髪型ですね。
不思議な儀式ですけれど、これが似合う俳優さんたちは多いですね。
元服(成人の儀式)は11~16歳位に行われました。
トンスーラというのは聖職者だけが行うものですが、
元服の年頃に符号します。
「まだあげ初めし前髪の」というのは、額に垂らしていた髪を、
女の子が前髪を上げて髪を結う慣わし、12~3歳のころです。
藤村が詠った初恋は、
「林檎のもとに見えしとき
前に挿したる花櫛の
花ある君と思ひけり」
と続きます。

奥様になると、眉を剃りお歯黒の習慣というのは、ちょっと引きます。

ヴィヴァルディの肖像画は髪ふさふさ、あれは鬘です。
バッハもモーツァルトも、みんなウィッグでしょう。
バロック、クラッシク時代は。
あの時代の風習です。ところがベートーヴェンだけは変わり者で、
貴族から授与されたウィッグを被らなかった。地毛です。

ミサを挙げることになったヴィヴァルディは、
ミサの途中で、sacrestiaサクレスティーア(聖具室)に駆け込んで、
作曲の続きを書き、また、ミサを挙げに戻る、という何とも変わった
神父でした。その上、異端迫害にも文句を言ったことにより、
「もう、お前、ミサは挙げんでよろし。音楽だけやっときや」
と言われて、音楽のみに身を入れました。

しかして寛容な彼は身寄りのない少女たちを集めて、
(寛容というのは彼に限らず、教会システムが寛容であったわけです)
少女たちを集めて楽隊を作り、音楽を教え込みました。
パゾリーニは身寄りのない少年たちを集めて文化伝授をしました。
パゾリーニの話はまた次回。

それでは続きは、また、後日となります。

教会システムが寛容と書きましたが、寛容でもなかったですね。
12世紀前後から16、17世紀ぐらいまでの中世では、
異端者迫害や異教徒迫害をやってのけましたものね。
ヴァルド派やカタリ派、ドミニコ修道会などが、率先して
異端、異教審問に加担しました。
魔女裁判なんてのも行われました(男性もその中にいたのですが)。
女性医療従事者、科学研究者たちの集会に疑いを持った教会が、
彼女たちを審問したのでした。
集会というのは学術的情報交換だったわけです。ですから今では、
魔女と言われた人たちは知識人であったと言われます。
イタリアでは酷いことはしなかった、せいぜい苔刑だったそうです。
それにしても理不尽な酷い奴らですね。
現代では、教義に合わないからと言って自分以外の宗教者を
書類送検(被疑者が逮捕されない場合に行われるもので、
警察が検察庁に取り調べの内容や書類を渡す)や、
起訴などはできませんものね。
1年前の無人踏切横断を、よく持ち出して来れますね(これは笑う)

キリスト教にイチャモンを付けたということで、
ミサを挙げられなくなったヴィヴァルディは、
孤児となった少女たちを集めて
l’Ospedale di Pietà (慈善施設)で、音楽を教え込みます。
Ospedale オスぺダーレというのは現代では”病院”と訳されますのですが、
もともとは避難所、養護施設のことで、
“不寛容な“カトリックの慈愛の賜物なのでした。
この時代は、シングルマザーの多い時代でした。
儒教がなかったせいでしょうか。
しかし、平安 鎌倉 室町の時代はどうだったのでしょうね。

ヴィヴァルディが毎日のミサのために、
熱心に指導した少女たちは中々の優れもの演奏者で、
ヴェニスを旅したジャン・ジャック・ルソー(1712~1778 哲学者 作曲家 教育者)が
著書「告白」の中で、彼女たちの演奏を誉めています。
ルネッサンス・バロック当時の教会内には、
手すりのついたバルコニーがいくつかあり、例えばポリフォニー6声なら、
6個のバルコニーに分かれて、それぞれのパートを歌うのでした。
現代ですと1まとまりで歌うのが常です。

18世紀にはオペラの隆盛が始まりました。
ヴィヴァルディ、オペラ処女作は「Ottone in villa」
(ヴィラのオットーネ)です。

この後、ヴィヴァルディはマントヴァ教会の楽長として招かれて、
そそくさと出かけ作曲に励みます。

それではでは、また後日に。


ヴィヴァルディのマニフィカトです。
Vivaldi Magnificat RV 610 in G minor Jordi Savall Le Concert des Nations

ヴィヴァルディは第二次世界大戦まで、
音楽史の中で、あまり高い評価を得ていませんでした。
ストラビンスキーときた日には、
「ヴィヴァルディの音楽はワンパターン」なのだとか。
戦後、高評価を得るようになりました。
バッハの音楽も、メンデルスゾーンの出現まで
評価されなかったというより、知られていませんでしたものね。
そのバッハはヴィヴァルディから影響を受けて
数曲の音楽を書きました。
バッハはイタリア人作曲家たちからもインスピレーションを受けて
作曲に励んだ人です。

ヴィヴァルディは最盛期にはヨーロッパ中から、
音楽を委託されました。1723~1730年の頃です。
マントヴァの楽長をしていたヴィヴァルディは、
ミラノの歌劇場のためにも幾つかのオペラやカンタータを
書きます。この頃、「四季」を作曲しました。
ローマ法王に招かれ、ローマを訪れた後に
ヴェネツィアに帰ります。それが1725年のこと。
1728年にはトリエステでカルロ六世に謁見します。
オーストリア、ハプスブルク家のカルロ六世は
ヴィヴァルディの音楽を大層、愛したのだとか。

1730年、ウィーン、プラハを旅します。
「オリンピアデ」は、この頃の作品です。
彼のオペラはヴェネツィアでは、あまり愛されませんでした。
丁度、ヴェネツィア楽派からナポリ楽派に音楽の趣向が
変わる時期でした。
1740年、ウィーンに戻りましたが、ヨーロッパは戦時下で、
喘息と胃腸炎に苦しみつつ、貧困に喘ぎながら、
1741年7月、とある借家で亡くなりました。

ヴィヴァルディからコンチェルト形式を学んだバッハは、
ヴィヴァルディの幾つかの曲を、チェンバロとオルガンに
書き換えています。

ヴィヴァルディからの,クラヴィチェンバロの1曲です。
Bach Concerto BWV 978 (da Vivaldi)

影響を与えた音楽家はバッハに限らず、沢山いますが、
特にバッハが有名なので。
1900年代、フリッツ・クライスラーにも、
コンチェルト形式を伝えました。
クライスラー「愛の悲しみ」「愛の喜び」フリッツ・クライスラー (ヴァイオリン) ルップ (ピアノ) 1938 Kreisler Liebesleid Liebesfreud


添え事ながら、独裁者ムッソリーニは、
ヴィヴァルディ使用のヴァイオリン、アマーティを所持していました。
音楽文化に通じていたのですね。
日本の政治を司る人たちも、銀座や六本木ばかりでなく、
日本の伝統文化に親しんで欲しいものです。
イタリア人は、ある意味、ムッソリーニに感謝しています。
「年金システムを導入したのはムッソリーニだ」と。
年金システムはドイツから導入されたものです。








 

長距離巡航ミサイル

北朝鮮で飛ばしましたよ、長距離巡行ミサイル。
北朝鮮領海内に飛ばしたそうです。
朝鮮中央通信社の報道です。
米国が心配。韓国や日本を。

騒ぎ始めると思います、特にウヨちゃんたちが。

今、この時期に何故?
何故、五輪開催時に飛ばさなかったかな?
ここを、よーく考えましょう。
今まで、安倍政権が苦境に立った時に
飛んで来ましたよね。
そして今も。

総裁選危うし→日本は、より一層の防衛が必要だ
→高市早苗は天照大御神だ→日本を護らねばならない
→戦闘的な総理が必要だ→ウヨちゃん大騒ぎ。
と、この流れでしょう。

総裁選以上のお祭り五輪時に、どうして飛ばさなかったか?s

それともう1つ、統一教会信者の安部ちゃんは
韓国とも北朝鮮ともズブズブですよ。。。



大部、総裁選の流れが変わって来たようですね。
一月万冊です。佐藤さんは流石に読みが深くて、
面白いです。長いので区切ってご覧ください。
安倍麻生の敗北濃厚。自民党総裁選で若手議員が決起!老人政治支配にNO!河野太郎総裁と石破茂幹事長も見えてきた?挙党一致で臨む選挙。元朝日新聞記


こちらはリテラから。
安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと共演! 前総理としてカルトの総裁を絶賛、同性婚や夫婦別姓を「偏った価値観」と攻撃


コメントの返信をいたしませんが、
いつもどうも有り難うございます。
銭形の勘次さん、
通航人Yさん、
大岡の忠相さん、
教えていただくことが多いです。

トピックとコメントと、フォントが同じなので、
トピックの続きのようにお読みください。


御皇室問題です。
清水さん同様、私も皇室には興味がないのですが・・・
マスコミを牛耳る自民党は、何故、今、マスコミの餌食となっている
天皇家を、マスコミをもって護って差し上げないのか?
こう仰る清水さんと同意見です。
女性週刊誌は「御皇室」をトピックスにすると
売れ行きが上々なのだそうです。
愛国の志士、天皇家を崇拝して仰ぎみるかた達は、
いまこそ御守りすべきでしょう。

天皇家の危機で笑う安倍と菅。眞子さま1年半以上前から一時金1億3700万円辞退・関連儀式を行わない意向示される


自民党は皇室を利用するが守らない。眞子様&小室さんの結婚問題。小室さん経歴詐称?総裁選でも概念として語られず守られない皇族。憲法改正案では元
 2つとも一月万冊です。
 長いですが、区切ってご覧ください。

「人間は自らの歴史を造るのだが、
自ら選んだ自由な断片から造るのではなく、
伝統的な、与えられた状況のもとで造るのである。
あらゆる世代の伝統は、生きているものの額の上に、
悪夢のようにのしかかる。
そして人間が自らを変革し、ものごとを変革し、
今までそこになかったものを造ろうとする時、
まさに革命の危機のこうした時代において、
人間は過去の精神を、自らの仕事のために呼び出し、
こうした旧い価値ある衣服と、借り物の言葉で、
新しい世界史的舞台を演出するべく、
彼らの名前、秩序の言葉、衣服を借りてくるのである」
   byバルザック


こちらは、新しい一月万冊です。
総裁選立候補の政策。
安倍麻生の陰謀。河野太郎総裁阻止!高市早苗のネット工作が酷い。自民党総裁選最大の争点は核燃料サイクル・コロナ対策・年金問題だ。
  • 2パック購入すると節約できます。
  • ウォールドッグ取り付けネジ付属。
  • 安全性と安全性を実現するインターロックブラケット。
  • キャンバスアートとオープンバックフレームをフラッシュマウント。
  • 耐荷重100ポンド。

商品の説明

毎回アートワークレベルをハングアップします。

オリンピアデ

ピエトロ・メタスタージオ(1698年~1782)という宮廷詩人が、
(イタリア人ですけれども、ウィーンに住んでいたこともある)、
ウィーン宮廷詩人のメタスタージオが、「オリンピアデ」という
詩の台本を書きまして、
アントニオ・カルダーラという作曲家が、
音楽を附してオペラの類の音楽劇としました(1733年のこと)
タイトルはOlimpìade オリンピアデ (オリンピック) 
「ピ」にアクセントがありますのです。
早速、皆さんに好かれたこの台本は、
ヴィヴァルディ、ペルゴレージ、パイシエッロ、チマローザはじめ、
約60人ほどの音楽家にオペラとして作曲されました。
モーツァルト、ベートーヴェンも、全曲ではないですが、
演奏会用アリアとしてこのオペラの独唱曲を作っています。

舞台は古代ギリシャ、オリンピアがあるエリス地方で、
オリンピックが要となるオペラです。

オリンピックの始まりは、紀元前776年、
オリンピアはゼウス神の聖地であり、
オリンピア競技はゼウス神に捧げる競技祭でありました。
出場者はポリス(都市国家)の自由市民(ギリシャ人)に限られ、
優勝者にはオリーブの冠が授けられました。
(オリーブの冠というのは金銀銅よりも素敵に思えますけれど)
金銀銅を得たかた達には申し訳ないね。
紀元前8世紀のオリンピックは
貴族たち競技者が名誉のために戦いました。
市民は4等級に分かれていて、
1級が騎士、2級が貴族、3級が農民、4級が平民だそうです。
後にはポリスが民主化し競技者の階層が広がりました。

近代オリンピックは、フランスの教育学者ピエール・ド・クーベルタン男爵が
1896年にアテネで第1回大会を開催しました。

クーベルタンは
「スポーツを通じて平和な世界の実現に寄与する」、
「勝敗だけではなく、ルールを遵守し正々堂々と全力を尽くす」
「フェアプレーの精神」
「精神の発達にも寄与する芸術祭も含めてのオリンピック」
理念を掲げて推奨しました。

ク―ベルタンさん、今日の利権にまみれたオリンピックを見たら
何と思いますか。

パラリンピックの源は若く、1948年のロンドン大会でありましたが、
「パラリンピック」という名称が付いたのは、
1988年のソウル大会からだそうです。


ヴィヴァルディ作曲「オリンピアデ」
シンフォニア(序曲)
L'Olimpiade: Sinfonia / VIVALDI RV 725 (Autograph score)
 ヴィヴァルディ手書きの楽譜だそうです。

第二幕から アミンタのアリア
Vivaldi - Siam Navi all'onde algendi; Cecilia Bartoli
 チェチーリア・ガスディーアが歌っています。
 ではなくて、チェチーリア・バルトリでした。
 間違いすみません。
 スイスに帰化したイタリア人メッゾソプラノです。
 あふれ出る健康そのものの表情ですね。
 
 昔は(ヴィヴァルディの時代は)
 カストラートが歌いました。
 美声の男の子が声変わりする前に、
 大事なところを切ってしまうの。
 すると、声は変わらず高いまま。
 気の毒な・・・ と思うけれど、
 シェイクスピアの舞台劇もそのようだったということで。
 女性の出番が少なかった時代です。


続きがあります、また後日。

オリンピアデのあらすじ;

オリンピックが開催される都市オリンピアの地方エリスは、
多くの人で賑わっています。
王、クリステネが「勝利者にはわが娘、アリステアを褒美として取らす」
ということにより、
ギリシャ各地から王族の子息たちも集まって来ています。
ワーグナーの「マイスタージンガー」を思い浮かべます。
これは女性にとっての人権問題で、今ですと非難轟々ですかね。
半面、勝者エリートを婿にできると嬉しくもあるのかしら。
実はアリステアには双子の兄弟リーチダがいて、
いや、リーチダという名は後から付けられたので、
ご神託により生まれてすくに捨てられたのです。
「この子は父親を殺すだろう」という託宣により。
しかし実際は彼はクレタ島の王子として生きていました。
王の命令で殺される所を、
王の家臣アルカンドロの機転のおかげで
クレタ王の王子として育てられたのでした。

何も知らないリーチダは、「アリステアと結婚できる!」と
競技に参加します。「だけど、俺、スポーツ苦手なんだよな、
アリスは欲しいし・・・」
そこで、100戦100勝のスポーツ万能の親友、メガクレに頼みます。
「ねえ、メガクレ、俺の名で参加してよ」
「ええーっ!」(アリスは俺の恋人だし)と、メガクレはあたふたします。
しかし、メガはリーチダに恩がある。昔、命を助けられたのです。
そして無二の親友となったのです。
心乱しながらも承諾してしまいます。

リーチダにはかつて恋人がいました。
アルジェーネという名の彼女は、
リーチダの父に彼との仲を裂かれ羊飼いの
娘に身をやつしてエーリスに暮らしていました。
リーチダが競技に参加することを知った彼女は、
恋人の心変わりを嘆きます。
リーチダを名乗ったメガクレは競技に優勝
してしまいました。
メガはアリスにリーチダに嫁ぐように勧めて
自害しようとします。

リーチダの恋人アルジェーネの方はというと、
嫉妬に狂い、メガがリーチダの名を騙って
競技に出たことを王に言ってしまいます。
メガが死んだと思い込んだリーチダは、逆上して王を殺そうとし、
捕えられて死刑の宣告を受けます。
メガはしかし、救われていました。
メガとリーチダの友情に心打たれたアルジェーネは
身分を明かしてリーチダの身代わりに処刑されようとします。
が、彼女が持っていたリーチダからの愛の印の首飾り
からリーチダが実は王様クリステネが
亡き者としようとした息子であることが判明します。
(兄妹近親相関になるところでした)

民衆は「リーチダの罪は許された」と歌い、2 組の
恋人達はめでたしめでたしで幕となります。


長いわね、あらすじだけで1000字ぐらいです。
ヴィヴァルディのことを、もう少し書きたかったのですが。
残念無念また来週、来週にはならないです。

7人の登場人物中、
アミンタはアリスの教官(家庭教師)です。
第二幕のアリアは、やはり超絶技巧、
コロラトゥーラ(ころがし)で、コロを駆使しています。
カストラートというのは(現代ではいませんけれど)
コロラトゥーラが本領だったのですね。

キャスト;
クリステネ(王様) アリステア(その娘、王女様)
メガクレ(アリステアの恋人、アスリート)
リーチダ(アリステアの友人、実は王様の息子、アルジェーネの昔の恋人)
アルジェーネ(羊飼いの娘、リーチダを今も想う)
アミンタ(教官)
アルカンドロ(家臣)

メガクレとアミンタが、カストラート・ソプラノです。
筋骨隆々としたアスリートがソプラノねぇ。
アリステア、アルジェーネ、リーチダはコントラルトです。
この時代にはリーチダ(メガの友人)は女性が歌いました。
王様はテノールで、アルカンドロはバッソです。

メガクレはアリステアとの恋よりも、
リーチダへの恩義と友情を選びました。
漱石の「こころ」とは逆ですね。
「こころ」は名作ですけれど。

Vicenza in Lirica 2020, L’Olimpiade di Vivaldi al Teatro Olimpico
 登場人物が紹介されています。


また少し宗教話をしますと、
クーベルタンは信仰心篤いイエズス会教徒で、
オリンピックこけら落しは、1896年4月6日、
Pasquetta 復活祭の次の日の「天使の月曜日」でした。


友達つながりということで、
タゴールが友人に贈った詩があります。

“Non nascondere il segreto del tuo cuore”
隠さないでおくれ、
心に抱く秘密を。
友よ!
私を信じて
私だけに話しておくれ。

お前は、羞じらい微笑む。
そっと話しておくれ、
私は耳でなく
心でそれを聞くから。

深い夜、
家は静寂(しじま)の中、
鳥は巣の中
眠りに落ちる。

躊躇いの涙と
揺れる微笑み、
苦悩と、はにかみの中で
話し給え、お前の秘密を。




OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

アントニオ・ヴィヴァルディの「四季」です。
「四季」にはソネット(14行詩)が付いていて、
音楽の説明文のようにもなり、
楽しさが増します。

ヴィヴァルディ『四季』ソネット字幕付き 高音質CD音源(Vivaldi / The Four Seasons)

ソネット全文は、また後日に。
全文、良く訳されています、動画のかた。

Sonetti per le Quattro Stagioni
四季のソネット

【春】
アレグロ
春が来た。小鳥たちは嬉しそうに歌い、春に挨拶する。
PRIMAVERA
(Allegro)
Giunt' è la Primavera e festosetti
La Salutan gl' Augei con lieto canto,
E i fonti allo Spirar de' Zeffiretti
Con dolce mormorio Scorrono intanto:
Vengon' coprendo l'aer di nero amanto
E Lampi, e tuoni ad annuntiarla eletti
Indi tacendo questi, gl' Augelletti;
di nuovo al lor canoro incanto:

ラルゴ
ここ、花ざかりの美しい牧場では木々の葉が優しくささやく。
山羊飼いが忠実な犬をはべらし、眠りこけている。
(Largo)
E quindi sul fiorito ameno prato
Al caro mormorio di fronde e piante
Dorme 'l Caprar col fido can' à lato.

アレグロ
ニンフたちと羊飼いたちは、輝くばかりの春の装いの中、
田園風な牧笛の陽気な調べに合わせて楽しそうに踊る。
(Allegro)
Di pastoral Zampogna al suon festante
Danzan Ninfe e Pastor nel tetto amato
Di primavera all' apparir brillante.

【夏】
アレグロ ノン モルト
太陽が焼け付くように照るこの厳しい季節に
人と家畜は活力を失い、木や草でさえ暑がっている。
羊飼いは雨を恐れ、自分の不運を嘆いて涙を流す。
かっこうが鳴き始め、山場とヒワが歌う。
そよ風が心地よく吹く。
しかし北風が不意に襲いかかる。
ESTATE
(Allegro non molto)
Sotto dura stagion dal sole accesa
Langue l’huom, langue ‘l gregge, ed arde ‘l pino,
Scioglie il cucco la voce, e tosto intesa
Canta la tortorella e ‘l gardellino.
Zeffiro dolce spira, ma contesa
Muove Borea improvviso al suo vicino;
E piange il Pastorel, perché sospesa
Teme fiera borasca, e ‘l suo destino;

アダージョ
稲妻、雷鳴、そして群れなす無数のハエの群れ、
そのため羊飼いの疲れた体は安まることがない。
(Adagio)
Toglie alle membra lasse il suo riposo
Il timore de’ lampi, e tuoni fieri
E de mosche, e mosconi il stuol furioso:

プレスト
あゝ、羊飼いたちの恐れは当たってしまった。
空は雷鳴を轟かせ、稲妻を光らせ、あられさえ降らせて
熟した穀物の穂を痛めつける。
Ah che pur troppo i suoi timor sono veri
Tuona e fulmina il cielo grandinoso
Tronca il capo alle spiche e a’ grani alteri.

春と夏を書きました。
秋と冬は、また後日。

【秋】
アレグロ
村人たちは踊りと歌で豊かな収穫を喜び祝う。
バッカスの酒のおかげで座は沸きに沸き、
ついにはみんな眠りこけてしまう。
AUTUNNO
(Allegro)
Celebra il Vilanel con balli e Canti
Del felice raccolto il bel piacere
E del liquor di Bacco accesi tanti
Finiscono col Sonno il lor godere

アダージョ モルト
一同が踊りと歌を止めた後は
穏やかな空気が心地よい。
この季節は、甘い眠りが人々を素晴らしい憩いに誘ってくれる。
Fa' ch' ogn' uno tralasci e balli e canti
L' aria che temperata dà piacere,
E la Staggion ch' invita tanti e tanti
D' un dolcissimo sonno al ben godere.

アレグロ
狩人たちは夜明けに狩に出かける。
角笛と鉄砲を持ち、犬たちを連れて。
獣たちは逃げ、犬たちは追いかける。
獣は怯え、鉄砲の音と犬の鳴き声に疲れ果て
傷つきおののいている。
逃げる力も衰え、追い詰められて死んで行く。
(Allegro)
I cacciator alla nov'alba à caccia
Con corni, Schioppi, e cani escono fuore
Fugge la belva, e Seguono la traccia;
Già Sbigottita, e lassa al gran rumore
De' Schioppi e cani, ferita minaccia
Languida di fuggir, mà oppressa muore.

【冬】
アレグロ ノン モルト
冷たい雪の中、凍えて震えながら、
吹きすさぶ恐ろしい風に向かって人がゆく。
休みなしに足踏みしているが、
あまりの寒さに歯の根も合わない。
INVERNO
(Allegro non molto)
Agghiacciato tremar tra nevi algenti
Al Severo Spirar d' orrido Vento,
Correr battendo i piedi ogni momento;
E pel Soverchio gel batter i denti;

ラルゴ
火のかたわらで静かに満ち足りた日を送る。
その間、家の外では雨が万物を潤す。
(Largo)
Passar al foco i dì quieti e contenti
Mentre la pioggia fuor bagna ben cento

アレグロ
氷の上を、転ばぬよう、ゆっくりした足取りで注意深く進む。
乱暴に歩いて滑って転ぶ。
だが、起き上がり、氷が砕け
割れ目ができるほど激しい勢いで走る。
閉め切った扉から外に出て、南風、北風、
あらゆる風たちが戦っているのに耳を澄ます。
これが冬なのだ。このようにして冬は喜びをもたらす。
(Allegro)
Caminar Sopra il ghiaccio, e a passo lento
Per timor di cader girsene intenti;
Gir forte Sdruzziolar, cader a terra
Di nuovo ir Sopra 'l giaccio e correr forte
Sin ch' il giaccio si rompe, e si disserra;
Sentir uscir dalle ferrate porte
Scirocco, Borea, e tutti i Venti in guerra
Quest' è 'l verno, ma tal, che gioja apporte.


以上で春夏秋冬が揃いました。
素晴らしいヴァイオリニストだったヴィヴァルディの、
ヴァイオリン協奏曲です。
ソネットはヴィヴァルディが作った詩と推測されています。
古語の美しい詩です。
お声に出して詠んでみてください。
詩というのは美しいものですが、
イタリア語、殊に古イタリア語の詩には、
最高級の葡萄酒を献上したくなります。



アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(1678~1741)
アントニオと打ち込むと、猪木と変換されるところがすごいな。
アントニオ・ヴィヴァルディは聖職者でした。
ルーチョという真ん中の名は洗礼名です。
「赤毛の司祭」なんて呼ばれた彼は、
「赤毛のアン」のような髪だったのですね。
キリスト教の迫害について文句を言ったことにより、
ミサを挙げられませんでした。
でも音楽家として優れていたので、
「気が触れている」こととされ、
神父さんとして留め置かれました。

ヴェネツィア生まれのヴェネツィア人の彼は、
ヴェニスのため、人様のため、教会のため
後世のため、私達のためにもご尽力なさった人です。


日本の四季
四季の歌Shikinouta/歌いだし♪はるをあいするひとは/見やすい歌詞つき【日本の歌Japanese popular song】




プロフィール

ミルティリおばさん

Author:ミルティリおばさん
住まいはイタリア、ペルージャです。
翻訳 フリーランサーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RiderMount 防水サンシェード 5インチ GPS Satnavケース RAM タイプ1インチ ボール付き Garmin Nuvi Tomtom Go Start 5インチ用[あゆの店きむら] 小えび煮 70g 小えび 甘露煮 佃煮 飴煮 琵琶湖 滋賀 / EOCNANIWA アイボルト M10 EB1000010ゴールデンスター 斧 家庭斧 1615Spooktacular Creations ベビーライオンコスチュームSTAR DESIGN POSTERS #wb22 A2サイズ 【ペーパーポスター】 A2 (420×594mm) #welcome_boy_2nd 名作 セレブ ブランド シリーズMOZA MINI MX スマホスタビライザー 小型 3軸 スマホ用ジンバル iPhone/Android対応 手ぶれ防止 スマートフォンジンバル 日本語説明書&サポートボクシンググローブ パンチンググローブ キックボクシング 格闘技 空手 ミット PU製 耐久性 通気性  ムエタイ パンチング トレーニング スパーリング
【セット商品】【女の子セット】ニンテンドー3DS本体 メタリックレッド + ソフト(5点パック)2607335152 2607335171 2607335230 ボッシュ 互換 バッテリー 9.6V 2.0Ah iishop 電動 工具用 バッテリーパック ニッケル水素 互換バッテリー PSR9.6VES GSR9.6VES などに対応緯度0大作戦 [東宝DVDシネマファンクラブ]木村アルミ箔 カラフル大豆のうつわ15枚/個TotalBoat 船舶用ワニス ラスト LUSTSkilcraft (スキルクラフト) 米国政府 格納式ボールペン ブラック 1本バンダイ ミルキー ミニミニポーチ ロゴ MLK-20AGE 3R Burner Asm WB16K10079 by GE
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312

OOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 The item works great, we used them to hang heavy mirrors in each of our bathrooms. They were easy to install and do exactly what we need them to do.オープニング 大放出セール,高品質,お気に入りOOK 55312 ハングマン フレンチクリート ピクチャーハンガーキット 壁付き犬 55312