ラヴェル:ダフニスとクロエ

ラヴェル:ダフニスとクロエ

1445円

ラヴェル:ダフニスとクロエ

ラヴェル:ダフニスとクロエ:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 自分の所持するのは95年盤、録音の次の年。。日本初出盤(POCG-1872)であり、グラモフォンの見本CDで一聴して気に入り、即座に購入したものであるカスタマー・イメージにも載せて戴き、レビューもしたのだが、何故か消えていたので再レビュー(2016.2.16)となった。。。この曲に関しては、80年代にデジタル録音が行われるようになって最初期の、デュトワ&モントリオール響の録音が永らく決定盤とされていた。。。レコード・アカデミー大賞、仏ディスク大賞、モントルー国際レコード大賞受賞盤でもあり、流石に精緻で色彩感も豊か。。アンセルメと比較すると凌いでいたかも知れないが、この曲は原始的で野蛮な土着性をも持っており、それにしてはなにか冷たく整然として物足りない感があったのだ勿論、デュトワ&モントリオールは自分も大ファンであり、この組み合わせのものは、同じデッカのブロムシュテット&サンフランシスコ響と共に、出ているものは片っ端から所持している程。。。特に『火の鳥』や『シェエラザード』、『ローマ3部作』等の演奏は唯一無二の出来なので、だからこその物足りなさは否めなかったのだ第2組曲(第3部抜粋)だけならば名演が数知れずあるので、全曲録音でそれを凌ぐものは、このブーレーズ盤が出現するまで待たなければならなかったブーレーズ自体作曲家であるし、本来は非常に個性的な解釈をする指揮者であり、その分析的で冷徹な見識眼から来る斬新性と、切り込みの鋭い、多少奇を衒っている様にも聴こえたアプローチは、賛否両論であった。。。ベルリン・フィルも、世界最高峰の楽団と言われていたものの、自分としては60〜70年代のカラヤン統制下の音が基準になっており、それ以降の演奏では何かしら大雑把感が拭えず、心底感じ入るということがあまり多くなかったのであるところがこのダフニスとクロエは、ブーレーズにしろ楽団にしろ、そして合唱まで、まるで神が降りて来たように中庸と普遍の極みであり、そこに録音のダイナミックレンジの広さ、独特の深みが加わって、真に見事なのであるこんなにシンフォニックで精緻な透明感が出せる楽団だったのかと、やっと本当の実力を見たような気がするのである先ず静謐で神秘的な序奏で幕を開けるのだが、もうこの辺りから確りとした音像の確かさがあり、深遠な空気に包まれる。。それでいて、やはり音が温かいのだ間もなく出現するオケと合唱の全奏に至るまでのクレッシェンドの滑らかな曲線が実に見事で、その全奏でさえもきちんと抑制が効いている程の盤石さ。。。要するに、程よいギリギリ感を保ちながらの表現域の広さで、その統率の素晴らしさと大小両極のバランス感覚の絶妙さが素晴らしいのだその後の演奏に対する期待感は嫌が応にも高まるし、舞踏曲でもあるし表題的な要素もあるこの曲を、非常にニュアンス豊かに描写して、期待を大きく上回るアプローチになっている第3部の『夜明け』の情景描写は、眠りから覚めた大地に輝かしい光りの粒子が降り注ぐようであるし、全員の踊りのコーダのダイナミックさは正しく鳥肌もの。。。このブーレーズによる絶妙な統率は、カップリングの『ラ・ヴァルス』にも引き継がれており、指揮者によってはただ煩いだけに聴こえかねないこの曲を、とても魅力的なものに蘇らせてくれた青を基調としたこのタペストリー調のジャケットも魅力的。。。『ダフニスとクロエ』&『ラ・ヴァルス』に於ける、先ず第1に推薦したい特選盤である(ブーレーズは、2016年1月5日逝去)迅速な対応で商品をお届け致します,おすすめ特集,激安格安割引情報満載ラヴェル:ダフニスとクロエ

ラヴェル:ダフニスとクロエ

ラヴェル:ダフニスとクロエ:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 自分の所持するのは95年盤、録音の次の年。。日本初出盤(POCG-1872)であり、グラモフォンの見本CDで一聴して気に入り、即座に購入したものであるカスタマー・イメージにも載せて戴き、レビューもしたのだが、何故か消えていたので再レビュー(2016.2.16)となった。。。この曲に関しては、80年代にデジタル録音が行われるようになって最初期の、デュトワ&モントリオール響の録音が永らく決定盤とされていた。。。レコード・アカデミー大賞、仏ディスク大賞、モントルー国際レコード大賞受賞盤でもあり、流石に精緻で色彩感も豊か。。アンセルメと比較すると凌いでいたかも知れないが、この曲は原始的で野蛮な土着性をも持っており、それにしてはなにか冷たく整然として物足りない感があったのだ勿論、デュトワ&モントリオールは自分も大ファンであり、この組み合わせのものは、同じデッカのブロムシュテット&サンフランシスコ響と共に、出ているものは片っ端から所持している程。。。特に『火の鳥』や『シェエラザード』、『ローマ3部作』等の演奏は唯一無二の出来なので、だからこその物足りなさは否めなかったのだ第2組曲(第3部抜粋)だけならば名演が数知れずあるので、全曲録音でそれを凌ぐものは、このブーレーズ盤が出現するまで待たなければならなかったブーレーズ自体作曲家であるし、本来は非常に個性的な解釈をする指揮者であり、その分析的で冷徹な見識眼から来る斬新性と、切り込みの鋭い、多少奇を衒っている様にも聴こえたアプローチは、賛否両論であった。。。ベルリン・フィルも、世界最高峰の楽団と言われていたものの、自分としては60〜70年代のカラヤン統制下の音が基準になっており、それ以降の演奏では何かしら大雑把感が拭えず、心底感じ入るということがあまり多くなかったのであるところがこのダフニスとクロエは、ブーレーズにしろ楽団にしろ、そして合唱まで、まるで神が降りて来たように中庸と普遍の極みであり、そこに録音のダイナミックレンジの広さ、独特の深みが加わって、真に見事なのであるこんなにシンフォニックで精緻な透明感が出せる楽団だったのかと、やっと本当の実力を見たような気がするのである先ず静謐で神秘的な序奏で幕を開けるのだが、もうこの辺りから確りとした音像の確かさがあり、深遠な空気に包まれる。。それでいて、やはり音が温かいのだ間もなく出現するオケと合唱の全奏に至るまでのクレッシェンドの滑らかな曲線が実に見事で、その全奏でさえもきちんと抑制が効いている程の盤石さ。。。要するに、程よいギリギリ感を保ちながらの表現域の広さで、その統率の素晴らしさと大小両極のバランス感覚の絶妙さが素晴らしいのだその後の演奏に対する期待感は嫌が応にも高まるし、舞踏曲でもあるし表題的な要素もあるこの曲を、非常にニュアンス豊かに描写して、期待を大きく上回るアプローチになっている第3部の『夜明け』の情景描写は、眠りから覚めた大地に輝かしい光りの粒子が降り注ぐようであるし、全員の踊りのコーダのダイナミックさは正しく鳥肌もの。。。このブーレーズによる絶妙な統率は、カップリングの『ラ・ヴァルス』にも引き継がれており、指揮者によってはただ煩いだけに聴こえかねないこの曲を、とても魅力的なものに蘇らせてくれた青を基調としたこのタペストリー調のジャケットも魅力的。。。『ダフニスとクロエ』&『ラ・ヴァルス』に於ける、先ず第1に推薦したい特選盤である(ブーレーズは、2016年1月5日逝去)迅速な対応で商品をお届け致します,おすすめ特集,激安格安割引情報満載ラヴェル:ダフニスとクロエ